お得に婚活する

婚活パーティーはパートナーを見つけるための手段であり、パーティーに参加する事が目的ではありません。出会った相手とはその後のお付き合いが発生する可能性もありますから、パーティーへの参加費用はできるだけ抑えたいと思うのが本音でしょう。お得に婚活パーティーを利用する方法は早割やWEB割、ポイント割引など参加費自体を抑える方法は勿論ですが、一番の節約になるのは無駄なパーティーに参加しない事です。

安い婚活パーティーが必ずしもお得とは限りません。参加費が安いと気軽に参加できます。しかし相手も同じく気軽に参加している事が多いため、真剣に出会いを求めている人には向きません。逆に、その場を楽しめればいい、友達を見つけられればいいと思っている場合には適しています。

パーティー一方参加費が数千円の婚活パーティーは、参加条件に職業や年収を設けている場合もあり、参加へのハードルが高くなる分、真剣に出会いを求めている参加者が集まりやすくなります。また結婚相談所が主催しているパーティーだと、参加者をフォローしてくれる担当者がつく事もあります。値段も張りますが、パーティーでどう振舞ったらいいか分からない初心者や、人見知りしてしまう性格の人にはピッタリです。

安いパーティーに何度も参加するより、多少値段が張っても条件のしっかりしたパーティーに絞った方がかえって費用を節約できる場合もあります。

婚活パーティーの種類

パソコン婚活パーティーを主催しているのは結婚相談所だけではありません。イベント企画会社によるパーティーもありますし、飲食店やスポーツチームが独自で主催するものがあります。
インターネットなら日時や場所を指定して一括で検索できるサイトも存在していますから、リサーチの際は婚活パーティー専門サイトを活用するのもおすすめです。中には、そのサイト経由で申し込みをする事で早割が適用される場合もあります。

結婚相談所やイベント企画会社が主催しているパーティーは参加推奨条件もある程度絞られている事が多いです。その場合、男性の方が条件が厳しく設定されているケースが多いです。例えばハイクラスを謳う婚活パーティーの場合、男性側には年収や職業が設定されています。男性は参加に収入証明書の提出が義務付けられている事が殆どのため、信頼できます。参加費が高くなりますが、その分真剣に出会いを求めている男女が集まります。

飲食店やスポーツチームが主催する婚活パーティーは、収入などの条件よりも同じ趣味の合う男女が集うよう設定されている場合が多いです。参加費は数百円から数千円と幅があります。飲食店で集まる場合は参加費が格安で料理は各自負担の場合と、食事込みで数千円の場合があります。スポーツチーム主催のものはスポーツ観戦も兼ねている場合が多いので、チケット代含めた値段になっている事が多いです。

婚活パーティーの中には相手が見つからなかった場合は返金を謳っているものや、次回参加費の割引を謳っているものもあります。但し返金や割引には条件がある場合が殆どなので、よく確認しておきましょう。

婚活パーティーの早割

お金殆どの婚活パーティーは料金がかかります。値段の幅は様々ですが女性が2000円~4000円程度、男性は5000円程度となっている事が多いようです。中には数百円とワンコインで参加できる婚活パーティーもあります。また多くの婚活パーティーは男性の方が参加費が高くなっています。

数千円程度なら生活費を圧迫する事なく出せる値段でしょう。しかし月に何度か参加するとなると費用はかさみますし、会場までの交通費は自腹です。数千円とは言え、できるだけ参加費は抑えたい所でしょう。

婚活パーティーは事前に開催日時と場所、参加推奨条件(年齢や職業など)が公開されていますから、自分の予定と条件を確認し、参加できそうなら早めに申し込みましょう。早めに申し込む事で割引される場合があります

早割で割引になる金額はパーティーによって異なります。500円引き、1000円引きと少額の割引だけではなく、中には参加費用半額になるパーティーもあります。全ての婚活パーティーで設定されているわけではありません。また、早割の条件は男女で異なる場合があります。早割の適用は女性限定の場合もありますので、事前によく条件を確認しておく必要があります。インターネットで申し込む事で割引になるWEB割も存在します。

割引はその時の参加費が割り引かれるものだけではなく、一定の割合でポイントが貯まり、次回婚活パーティーに参加する時にポイント分が割引になるシステムもあります。勿論、パーティーの種類によっては通常の早割と併用可能な場合もありますので、よくリサーチする事でお得に婚活ができます。